土居真珠

 

うぶだま



Go to products

topics

Our work begins a long before pearls are processed into jewelry.

真珠が宝石として生まれ変わる
もっと前のお話。

真珠養殖業者によってアコヤガイから取り出された真珠の原石。まずは入札会に出品するために選別が行われます。

その選別の過程でたくさんの真珠の中からとびきり目を引く真珠を見つけることがあります。それは強い輝きであり、ナチュラルな色、形であり。
その純真無垢(=うぶ)な真珠は、生まれたままの姿を保ちながら、これまでに誰も見たことのないオンリーワンジュエリー「うぶだま」として生まれ変わります。

真珠は、色、形、輝き、大きさなど様々な個性を持って生まれてきます。
それらの真珠は、サイズ、品質などの規格ごとに選別され、
入札会を通して真珠養殖業者から真珠加工業者の手に渡ります。
それから「しみ抜き」「調色」などの加工を経て、
一般的によく見られるピンクの真珠へと変わり、市場へと流通していきます。
入札用の真珠は、ある程度「色」「形」「輝き」が揃っていた方が好ましいので、
それに準じて選別は行われ、似たような真珠が入札会場には並んでいきます。
そのため、個性を持った真珠はそのような一般的な真珠の中で、同じような加工を施され、その魅力を表現できぬまま、自分たちの本当の価値を表現できぬまま埋もれていました。
私たちも気が付きませんでした。
全ての真珠養殖業者が入札会で高値が付きそうな真珠作り、入札会に出品するための選別を行っていたのですから。


Go to products

土居真珠のなりたち

1957年、創業者である祖父延徳が愛媛県宇和島市で真珠養殖に使用するアコヤガイの稚貝の採苗を始めました。ここから土居真珠の歴史はスタートしました。

1987年、父秀徳がもう一つの柱となる真珠の加工販売部門を立ち上げ、真珠の直売を始めました。

2007年、「真珠養殖場体験ツアー」を開始し、宇和島市を訪れるお客さんに実際の真珠養殖場を使ったリアルな真珠の紹介を行ってきました。 「真珠ってピンクだけじゃなくていろいろな色のものがあるんですね」「こんな色の真珠、初めて見ました」「この突起がかわいい」 ツアーで参加者の方がよく言われる言葉でした。

「この真珠の、このシミがいいですね」なんて言葉もよく聞きました。
私たちが幸運だったのは、このようなツアーや真珠直売店で直接お客様と接する機会を多く持つことができたことです。何十年も凝り固まっていた私たちの頭がお客様の言葉によってじわじわと柔らかくなっていきました。お客様のニーズが多様であることも分かってきました。
もうひとつ幸運だったことは、のちに新しい商品として使われることになるそれらの真珠を少しずつ集めていたことでした。真珠の選別を行っていた母京子が、その規格外の真珠を昔からコレクションしていたのです。それらの真珠は何に使われるわけでもなく、穴も開けられていない状態で袋の中に入っていました。
「この真珠で商品を作ってみようか」
この言葉は自然と生まれました。


Go to products

反応はすぐに現れました。

それらの真珠は、ジュエリーに加工され店内に陳列されると、自らの個性を発揮し始めたのです。
店には、ここでしか手に入らないような珍しいものを求めるお客様も多く来られます。
一言も話すことなく、ずっと眺めているお客様もおられました。
首をかしげているお客様もおられました。何だか分からなかったようです。今までに見たことがないと言っておられました。
真珠は貝から生まれてくるとき、いろいろな個性を持って生まれてきます。
人間と同じです。一つとして同じ真珠はありません。
私はピンクの真珠がダメだと言っているのではありません。
ピンクの真珠はとてもすばらしい真珠です。特にピンクの真珠で作ったネックレスは、その不変のデザインが100年以上も前から世界中の人々に愛されています。この不変のデザインが、これからも真珠の魅力を世界中へ伝えていく重要なものだとレスペクトしています。

その不変の魅力を誇るネックレスを作るためには、真珠の並びを見栄えよくするために、真珠の品質にバラつきが少ない方が都合は良い。現在ではアコヤガイの人工採苗など技術の進歩により、色や輝きなど品質の似通った真珠を作ることができるようになりました。
ネックレスの品質もとても良いものがそろっています。しかしその結果と反比例するように、個性を持った真珠は少なくなってしまいました。
日本で取れるアコヤ真珠には養殖期間が1年の真珠と2年の真珠があります。
真珠の価値を判断する基準の中で一番大切な要素は「真珠層の巻き厚」で、この巻き厚が厚いことがとても重要です。この真珠層の巻き厚は基本的には養殖期間が長いほど厚くなります。
1年物よりも2年物の方が真珠層の巻き厚は厚くなりますが、品質のバラつきが大きくなってきます。アコヤガイそれぞれの個体差もありますが、基本的には1年物の方が品質にバラつきが少ないため、ネックレス用の真珠として使いやすいのですが、土居真珠では個性を持った真珠を生み出すために、より良い品質の真珠を生み出すため、2年物の真珠を多く作る努力をしています。
海の水温の下がる冬は真珠の玉出しには最適な季節です。水温が下がることで、真珠の表面を覆う真珠層が引き締まり、真珠に輝きが生まれるためです。その真珠の玉出しの時期に取り出される数万の真珠の中から、ほんの数十粒しか出てこない真珠。
宝石の魅力のひとつである「一点もの」の価値を強烈に持って生まれてきた真珠。

ようやくみなさんに自信をもってご披露することができます。
その純粋無垢な、生まれたままの姿。
私はこれを「うぶだま」と名付けました。


Go to products

土居真珠のお問い合わせ

〒798-0102 愛媛県宇和島市三浦西5121-9
OPEN 9:00〜17:00 (年中無休)

お問い合わせはこちら